アイテム

マクドナルド福袋2021の当選確率や倍率は?中身のネタバレも!

コマ
マクドナルドの2021年福袋の抽選予約が開始されているけど、競争率が高そうだな~。どれくらいの確率で当選するんだろう?

このような疑問にお答えします。

 

マクドナルドが2021年の福袋を、抽選で販売すると発表しました。

毎年非常にお得な福袋で人気も高くなっていますが、それが故に応募する人は多く、競争率も高くなっています。

また、応募条件が特になく、誰でも簡単に抽選に応募できるので、さらに当選倍率を高めていると言えます。

ということで、本記事ではマクドナルド福袋2021の当選倍率について、徹底予想していきます。

福袋が当選する確率の目安を知りたい方は、是非参考にしてくださいね。

 

   

マクドナルド福袋2021の当選確率や倍率は?

早速、マクドナルド福袋2021の当選確率を見ていきますが、過去の福袋も含め、倍率は公表されていません。

よって、当選倍率を予測していきますが、倍率を算出するにあたり下記情報が必要になります。

必要な情報

  • 福袋の販売個数
  • 福袋の応募人数

これらについても残念ながら公表されていないので、数値を予測していきます。

 

福袋の販売個数

マクドナルド福袋2021の中身としては、後ほどご紹介しますが商品券だけでなく、時計やマグカップなども含まれています。

よって、クーポンやプリペイドカードのように大量生産は難しいと考えられますね。

 

そこで、マクドナルドの全国の店舗数から販売個数を予測してみます。

2020年11月時点で、マクドナルドの店舗数は2,919店です。

仮に、全国の店舗に平均して10個配布するような計算をした場合、

マクドナルド福袋の販売個数

2,919(店)× 10(個)= 29,190(個)

約30,000個の福袋が販売されることになります。

 

ちなみに、福袋の販売個数が明かされるケースは少ないですが、スタバでは1店舗につき10~100個の福袋が配布されていたそうです。

スタバの店舗数は全国に1,600店舗あるので、1店舗平均で50個の福袋が配布されるとすると、

スタバ福袋の販売個数

1,600(店)× 50(個)= 80,000(個)

約80,000個の福袋が販売される計算になります。

よって、マクドナルドの福袋販売数30,000個というのは、現実味のある数字と言えるでしょう。

 

福袋の応募人数

次に、マクドナルド福袋2021の応募人数を見ていきましょう。

ここで参考にするのが、マクドナルド公式Twitterのフォワー数と、マクドナルド公式アプリのダウンロード数です。

何故Twitterのフォロワー数とアプリのダウンロード数をチェックするかと言うと、それぞれで下記の通り福袋の宣伝が行われているからです。

アプリの福袋宣伝画面

マクドナルド公式Twitterのフォロワーと、アプリをダウンロードしている人を中心に、福袋に応募すると考えられますね。

 

では、マクドナルド公式Twitterのフォロワー数と、アプリのダウンロード数はどの程度なのでしょうか?

まず、公式Twitterのフォロワー数ですが、2020年12月15日時点で334.9万人となっていました。

マクドナルド公式Twitterのフォロワー数

 

対して、アプリのダウンロード数はマクドナルドの公式サイトで、下記のように記載されていました。

「マクドナルド公式アプリ」は、累計約6,600万ダウンロード(2020年3月時点)いただいているほか、日本国内で使用されているアプリの中でLINE、Youtube、Twitterなどに続いて、ユーザー数第10位になるなど、多くのお客様にご利用いただいております。

引用元:マクドナルド公式サイト

累計で約6,600万ダウンロードなので、既にアプリを削除している人も含まれています。

仮に、現在500万人の人がマクドナルドのアプリを所持、かつ福袋の存在に気付き応募するのが半分の250万人としましょう。

また、Twitterのフォロワー数についても、334万人の半分である167万人が福袋に気付き、応募するとします。

 

以上から、マクドナルド福袋2021に応募する人数は、

応募人数

2,500,000(人)+ 1,670,000(人)= 4,170,000(人)

417万人がマクドナルド福袋2021の抽選に応募すると算出できます。

大人気のファーストフードチェーン店、かつ応募条件のハードルが低いことから、人数としては妥当と考えられるでしょう。

 

福袋の当選倍率

ここまでマクドナルド福袋2021の販売個数と応募人数について、予測してきました。

2つを予測値をまとめると、下記のようになります。

販売個数と応募人数

  • 販売個数:3万個
  • 応募人数:417万人

 

以上2つの情報から、マクドナルド福袋2021の当選倍率を算出すると、

当選倍率

4,170,000(人)÷ 30,000(個)= 139(倍)

倍率は139倍となりました。

139人に1人が福袋に当選する確率で、倍率としては非常に高くなっていますね。

しかし、Twitterの口コミをチェックしてみても、過去にマクドナルドの福袋に当選したというツイートはあまり見られませんでした。

よって、当選倍率139倍というのは決して遠すぎない数字でもあるでしょう。

 

マクドナルド福袋2021の抽選応募方法

次に、マクドナルド福袋2021に応募する方法を見ていきましょう。

簡単な手順しかないので、すぐに応募は完了します。

 

step
1
公式サイトへアクセス

最初に、マクドナルドの公式サイトへ遷移します。

マクドナルドの公式サイト

 

step
2
抽選応募フォームへ遷移

公式サイトへ遷移すると、画面右側に「予約フォームはこちらから」のボタンがあるので、クリックしましょう。

「予約フォームはこちらから」のボタン

 

step
3
メールアドレスの入力

応募のフォームが表示されれば、メールアドレスを入力します。

入力完了後、「上記の応募規約に同意する」にチェックを入れ、「入力内容を確認する」をクリックします。

メールアドレスの入力

 

その後、メールアドレスの確認画面が表示されます。

入力したメールアドレスに問題なければ、「この内容で送信する」のボタンをクリックしましょう。

「この内容で送信する」のボタン

 

入力したメールアドレスに、下記のようなマクドナルドからのメールが届きます。

マクドナルドからのメール

メール本文にURLが記載されているので、クリックしましょう。

 

step
4
必要事項の入力

メールに記載のURLをクリックすると、個人情報を入力するフォームに遷移します。

個人情報を入力するフォーム

氏名や電話番号、福袋の購入店舗、購入個数などを選択しましょう。

 

入力が完了すれば、「入力内容を確認する」のボタンをクリックします。

「入力内容を確認する」のボタン

 

入力した内容に問題ないことを確認の上、「この内容で応募する」のボタンをクリックします。

「この内容で応募する」のボタン

これで、マクドナルド福袋2021の抽選応募は完了となります。

特に難しい手順なく、応募できましたね。

 

マクドナルド福袋2021の中身ネタバレ

マクドナルドの福袋は、毎年中身が事前にネタバレされています。

2021年の福袋も同様であり、中身は下記のようになっています。

 

①商品無料券3,160円相当

①商品無料券3,160円相当

 

②トートバッグ

②トートバッグ

 

③スクエアポーチ

③スクエアポーチ

 

④マグカップ

④マグカップ

 

⑤ポテトクロック

⑤ポテトクロック

 

金のマックカード

金のマックカード

金のマックカードは10個の福袋につき、1枚の割合で入っている500円分の商品券です。

 

マクドナルド福袋2021のラインナップとしては、以上となります。

福袋は3,000円(税込)で販売されますが、無料の商品券が3,160円となっているので、商品券だけで元は取れます。

さらに、オリジナルのバッグや時計など、幅広い商品も入っているので、非常にお得な福袋と言えるでしょう。

 

 

マクドナルド福袋2021のまとめ

2020年12月14日(月)から抽選予約が開始されているマクドナルド福袋2021の当選倍率について、予測してみました。

当サイト独自で予測してみたところ、倍率は139倍と、139人に1人が当選する確率となりました。

マクドナルドの福袋はアプリなどの会員になる必要がなく、ネット環境があれば誰でも応募が可能です。

また、福袋の中身もお得で、販売価格である3,000円(税込)以上の価値を持つ商品が同梱されています。

よって、競争率は非常に高くなると言えるでしょう。

マクドナルド福袋2021は簡単に抽選応募が可能なので、皆さんも気軽に応募してみてはいかがでしょうか!
マロン
 

-アイテム

© 2021 HARACHAN BLOG