アニメ・漫画

鬼滅の刃がつまらない・面白くないのは何故?10個の理由で考察してみた!

アイキャッチ画像
コマ
鬼滅の刃の人気がすごいから、アニメを動画配信サービスで見てみた。けど、全然面白くない。何故自分には合わないのだろうか。

このような疑問にお答えします。

 

皆さんご存じの鬼滅の刃は、アニメ化されて以来凄まじい人気を博しています。

映画化もされ、「自分も漫画を読んでみた」、「アニメを見てみた」という方も多いのではないでしょうか?

しかし、大人気の裏には「つまらない」や「面白くない」という声も多数挙がっています。

大人気の鬼滅の刃とは言え、当然自分に合う合わないはあります。

では、何故「つまらない」「面白くない」と感じてしまうのでしょうか?

鬼滅の刃のアニメを全話、映画も視聴し、漫画も最終回まで全て読んだ私が理由を考察していきます。

本記事には、鬼滅の刃のネタバレも含んでいるので、ご注意ください。

 

鬼滅の刃の流行に乗っただけでつまらない・面白くない

鬼滅の刃は大きく分けて、少年漫画、ダークファンタジーのジャンルとなります。

主人公の竈門炭治郎をはじめ、鬼殺隊が鬼と戦闘を繰り広げていく漫画ですが、そもそもバトル漫画に興味がない方もおられるのでは?

例えば、下記は主人公の炭治郎の戦闘シーンです。

炭治郎の戦闘シーン

少年漫画らしい絵となっていますね。

 

鬼滅の刃は社会現象になるほどの人気となっており、少年漫画やバトル漫画に興味がなくても、見てみたいという方が多いようです。

しかし、アニメや漫画を見てみた結果、自分に合わず、やはりつまらないと感じる方が多いです。

逆に、下記のようにアニメや漫画に興味はなかったけど、鬼滅の刃にハマったという方もおられます。

つまらない・面白くない理由の1つとして、流行に乗ってみたけど、完全に好みが一致するかどうかが挙げられますね。

 

鬼滅の刃の期待値を上げすぎてつまらない・面白くない

鬼滅の刃のアニメを見始める方、漫画を読み始める方は、先述の通り流行に乗ってみたという方も少なくありません。

もし、鬼滅の刃のストーリーを全く知らない状態で、社会現象となった後に見てみるとどうなるでしょうか?

やはり、期待値を大きく上げてしまいますよね。

どこまでの期待値を持つかは個人差がありますが、例えば自分が一番好きだった漫画と比較するパターンが非常に多いようです。

「自分の好きな漫画を超える作品なのか?」という期待値のもとで鬼滅の刃を読み始めると、がっかりする人も多いです。

よって、この社会現象となった人気が故に、期待しすぎて逆につまらない・面白くないと感じてしまう方もいるでしょう。

 

鬼滅の刃の作画の問題でつまらない・面白くない

鬼滅の刃は少年漫画であり、かつジャンプ作品でもあります。

しかし、ストーリーから作画が独特となっている部分もあります。

ここでは作画面から、鬼滅の刃をつまらない・面白くないと感じる理由を見ていきましょう。

 

和風の作画が苦手

鬼滅の刃は日本のアニメ会社であるユーフォーテーブル(ufotable)が製作しています。

ユーフォーテーブルが製作するアニメは作画が綺麗、クオリティが高すぎると言われることも非常に多いです。

 

一方、鬼滅の刃のストーリーとマッチした作画を苦手とする方も多いです。

鬼滅の刃は大正時代を基にしたストーリーで、作画は下記のように和風となっています。

和風の作画

確かに、私もアニメを初めてみた所感としては、少々タッチが苦手と感じました。

同様に、作画が自分の好みではないという口コミを挙げている方もおられました。

 

作画が不気味・怖い

先ほどの和風の作画と類似していますが、鬼滅の刃の作画が不気味・怖いと感じる方も多いです。

例えば、下記の竈門禰豆子が鬼になるシーンです。

竈門禰豆子が鬼になるシーン

大人の自分であっても作画が怖いと感じるシーンはあるので、小さい子どもが見れば怯える可能性もありそうです。

そもそもストーリー全体のあらすじが自分に合っていない方も多いでしょう。

 

戦闘シーンが分かりにくい

鬼滅の刃で注目すべきことは、当然鬼との戦闘シーンです。

しかし、漫画を読んでみると、どのような戦闘を行っているのか分かりにくいシーンが非常に多くなっています。

例えば、下記は炎柱(えんばしら) の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と、上弦の参の猗窩座(あかざ)の戦闘シーンです。

煉獄杏寿郎と猗窩座の戦闘シーン

ぱっと見、どのような戦闘が行われているのか分からず、私も映画を見てようやく理解することができました。

アニメは映像美が非常に綺麗なので、問題はありません。

 

鬼滅の刃のストーリー面でつまらない・面白くない

鬼滅の刃は鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、主人公の炭治郎が鬼を倒していくシンプルなストーリーとなっています。

小さい子どもでも内容が入ってきやすいのは、人気の理由の1つと言えます。

しかし、逆にストーリー面でつまらなさ・面白くなさを感じる部分もあるので、その詳細を見ていきましょう。

 

鬼は悪役→悲しい過去の流れが同じ

漫画において、実は悪役に悲しい過去があったというのはよくある話です。

そこで読者の同情を誘い、悪役を嫌いになり切れないこともありますよね。

鬼滅の刃において、悪役は当然鬼になりますが、悲しい過去を持つ鬼もいます。

しかし、1人や2人ではなく、複数の鬼に悲しい過去があるので、物語の流れがパターン化されていて飽きる傾向にありました。

 

まず、アニメにも登場した下弦の伍である累です。

累の人間時代は病弱で、布団に寝込んでいることも多くありました。

そこで、鬼舞辻無惨に鬼にされ、身体も強くなりましたが、両親は当然ながら全く喜ぶことはなく、心中を図りました。

鬼になってから疑似家族を得ようとしていた背景には、過去の家族愛が隠れています。

 

他にも、上弦の陸の妓夫太郎と堕姫、元十二鬼月の響凱にも悲しい過去がありますが、最も注目を集めたのが上弦の参である猗窩座(あかざ)の過去です。

猗窩座が人間時代、慶蔵(けいぞう)という師範と、恋雪(こゆき)という慶蔵の娘がいました。

慶蔵には道場を引き継いで欲しいと言われ、恋雪には夫婦になって欲しいと逆プロポーズを受けます。

猗窩座が心から守ろうとした慶蔵と恋雪ですが、近くの道場の者が2人を毒殺してしまいます。

復習に成功したものの生きる気力を失った猗窩座は、鬼舞辻無惨に鬼にされるという悲しい過去がありました。

 

このように、悪役の鬼に実は辛い過去があったというのは、読者の気持ちを奮い立たせます。

しかし、ほとんどの上弦の鬼に悲しい過去があるので、流れがワンパターン化していました。

悲しい過去のあるパターンはもう少し控えめのほうが良かったかもしれませんね。

 

設定が浅はかな部分が多い

少年漫画であれば仕方ない部分もありますが、鬼滅の刃は漫画にありきたりな設定が非常に多いです。

まず、主人公である炭次郎ですが、最初は柱に全く太刀打ちできないほど弱いです。

しかし、炎柱である煉獄が死亡して以降、急激に強くなり、上弦の鬼も倒します。

 

そして、メインキャラクターである我妻善逸(あがつまぜんいつ)。

普段はおどおどしたキャラクターですが、一時的に記憶がなくなり、一気に強さが増します。

これも少年漫画にはありがちな設定ですよね?

他の漫画の設定を寄せ集めた印象だったので、退屈に感じる人も多いでしょう。

 

他の少年漫画と比べてしまう

代表的な少年漫画と言えば、

代表的な少年漫画

  • ワンピース
  • ドラゴンボール
  • スラムダンク
  • 幽遊白書

などが挙げられます。

このような人気漫画と比べてしまっている方も多いのではないでしょうか?

鬼滅の刃はワンピースやドラゴンボールに比べると、展開が非常に早いです。

例えば、鬼滅の刃のラスボスである鬼舞辻無惨との戦闘は、3巻ほどで終了します。

また、映画で煉獄と激しい激闘を繰り広げた猗窩座も、炭次郎と水柱である富岡に1巻程度のボリュームで倒されます。

サクサク物語が進んでいくのは非常に読みやすいですが、展開が早くてワクワクが足りないという口コミもあるほどです。

ワンピースやドラゴンボールほど引っ張る必要はありませんが、もう少し戦闘シーンを延ばすのもありだったかもしれませんね。

 

人間が美化されすぎている

一番美化されすぎているのが、禰豆子です。

禰豆子は鬼になっているとは言え、見た目はどう見ても人間となっています。

炭次郎は禰豆子を人間に戻そうと必死に鬼と戦いますが、禰豆子の人間味がありすぎる姿と、炭次郎の人間離れした戦闘力に、感情移入できない方が多いようです。

 

鬼舞辻無惨が中二病すぎる

鬼舞辻無惨は上弦、下弦の鬼を取り仕切るラスボスです。

しかし、下弦の鬼が弱すぎるからと言って、すぐに殲滅してしまいます。

ネット上ではパワハラとして話題にもなりましたが、設定としては無茶があります。

むしろ、すぐに炭次郎や柱たちに上弦の鬼と戦わせるよう、数合わせをしたようにも感じました。

無理のある設定に共感できない方も多いようですね。

 

鬼滅の刃がつまらない・面白くない理由を考察

鬼滅の刃がなぜつまらない・面白くないと感じてしまうのか、10個の理由でご紹介しました。

やはり鬼滅の刃はアニメから人気になった作品というのが、つまらない・面白くないと感じる大きな理由です。

アニメは有名製作会社が手掛けており、その映像美が非常に高評価です。

また、鬼滅の刃と世界観が一致したLiSAさんの主題歌も、人気の底上げを図っています。

 

しかし、実際に漫画を読んでみると、絵が見にくかったり、設定がありきたりであったりと、腑に落ちない部分もあります。

漫画とアニメの差に落胆してしまう方も多いようですね。

 

さらに、アニメ・映画ともに大ヒットしているのもつまらない・面白くないと感じる大きな理由です。

鬼滅の刃が大ヒットを記録してからアニメ・漫画を見始めた人は、どうしても期待値を上げてしまいます。

その期待値を超えられなければ、当然つまらない・面白くないと感じますよね。

マロン
社会現象になる漫画とは言え、合う合わないは存在するので、自分に最適な漫画やアニメを楽しんでくださいね。

-アニメ・漫画

© 2020 HARACHAN BLOG