人物

磯崎功典(キリン社長)の年収は?副社長や他の上場企業とも比較!

アイキャッチ画像

ビールの製造を手掛けるキリン社長の磯崎功典さんが、2020年11月26日に放送されるカンブリア宮殿に出演します。

日本全体が不況と言える現在、ビール業界も打撃を受けています。

しかし、不況の中でもビール業界で独り勝ちしているのがキリンです。

そんなキリンの社長を務める磯崎功典さんが、どの程度の報酬を得ているのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事では、磯崎功典さんの年収のご紹介と、キリン副社長、他の上場企業の社長年収とも比較してみます。

 

なお、磯崎功典さんの学歴や経歴などのプロフィール情報についても知りたい方は、下記記事をご覧ください。

関連記事磯崎功典(キリン社長)の学歴・経歴がすごい!プロフィールを調査!

 

   

磯崎功典(キリン社長)の年収は?

それでは本記事の結論となる、キリン社長の磯崎功典さんの年収を見てみましょう。

なお、キリンホールディングスは東証一部に上場しており、ネット上にも役員報酬が公開されています。

磯崎功典さんの年収は下記表の通り、基本報酬・賞与・株式報酬の3つで算出されます。

金額
基本報酬 9,100万円
賞与 8,200万円
株式報酬 3,900万円
合計 2億1,100万円

引用元:キリンホールディングス 2019年度の役員報酬

 

磯崎功典さんの年収は2億1,100万円であることが分かりました。

ちなみに、少しデータとしては古くなりますが、労務行政研究所が2013年に行った「役員報酬・給料等の最新実態」によると、日本企業の社長の平均年収は4,381万円となっています。

やはり大手企業ということもあり、年収は非常に高いですね。

 

磯崎功典(キリン社長)と西村慶介(キリン副社長)の年収を比較

キリン社長の磯崎功典さんと同様に、副社長である西村慶介さんの年収も公開されています。

2人の年収を比較してみましょう。

金額(社長) 金額(副社長)
基本報酬 9,100万円 6,100万円
賞与 8,200万円 4,100万円
株式報酬 3,900万円 2,000万円
合計 2億1,100万円 1億2,200万円

社長と副社長の年収差額としては8,900万円で、約2倍近く金額差がありました。

ちなみに、キリンホールディングスの公式ホームページには「役員ごとの報酬等の総額等(2019年度)」の欄に、「(注)連結報酬等の総額が1億円以上である者を記載しています。」とも記載されています。

つまり、副社長の下にあたる専務取締役や常務取締役の年収は1億未満であると言えるでしょう。

 

磯崎功典(キリン社長)と上場企業役員の年収を比較

キリン社長の磯崎功典さんの年収をご紹介しましたが、2億1,100万円という数字がどの程度すごいのか、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

ということで、東洋経済が9月2日に発売した「役員四季報2020年版」の情報を基に、上場している大手企業とキリン社長の年収を比較してみます。

なお、比較するのはキリン社長と同程度の年収の企業とします。

役員四季報順位 会社名(役職) 年収
170 オムロン(取締役) 2億2,400万円
171 中外製薬(会長) 2億2,300万円
171 大和証券G(代表執行役員) 2億2,300万円
173 ソフトクリエイトH(会長) 2億2,200万円
173 ミネベアミツミ(会長) 2億2,200万円
175 東京センチュリー(社長) 2億2,000万円
176 アサガミ(社長) 2億1,900万円
176 三井物産(会長) 2億1,900万円
178 LINE(取締役) 2億1,800万円
179 ヤマダ電機(副会長) 2億1,700万円

オムロンやLINEなどの大企業ともなると、取締役でもキリン社長と同程度の年収となっています。

キリンホールディングスの順位付けはされていませんでしたが、「役員四季報2020年版」の順位でいくと、キリン社長の年収は175位となります。

日本の大手企業は11,000社あると言われていますが、年収面もトップレベルと言えるでしょう。

 

 

磯崎功典(キリン社長)の年収まとめ

キリンの社長である磯崎功典さんの年収をご紹介しました。

年収としては公式で公開されており、2億1,100万円であることが分かりました。

他の大手企業と比較してみても、非常に高い年収となっています。

日本の不況の打撃を受けつつも、確実にビール業界を牽引しているキリン。

マロン
今後の企業発展にもますます注目してきましょう!
 

-人物

© 2021 HARACHAN BLOG