人物

Fumiya(フミヤ)の中学や高校などの学歴は?本名や経歴も【マツコ会議】

2021年1月16日に放送されるマツコ会議に、フィリピンで大人気のFumiya(フミヤ)さんが出演します。

甘いマスクでイケメンのFumiyaさんですが、SNS総フォロワー数は440万人、YouTube登録者数は217万人と凄まじい実績を残しています。

イケメンで事業も大成功を収めており、羨ましい限りですね。

輝かしい実績を残しているFumiyaさんですが、元々は日本で暮らしていました。

そこで気になるのは、どのような中学や高校、大学を卒業したかですよね。

ということで、本記事ではFumiyaさんの学歴や経歴、本名などの基本的なプロフィールをご紹介します。

 

   

Fumiya(フミヤ)の学歴は?

Fumiyaさんの最終学歴は大学卒ではなく、専門学校卒です。

専門学校を卒業するまでの学歴一覧としては、下記の通りです。

順番に学校の詳細を見ていきましょう。

 

出身中学は浜松市北浜東部中学校

Fumiyaさんの出身中学は、浜松市北浜東部中学校です。

浜松市北浜東部中学校の基本情報としては、下記の通りです。

学校 浜松市北浜東部中学校(はままつしりつきたはまとうぶちゅうがっこう)
住所 静岡県浜松市浜北区上善地317番地
ホームページ https://www.city.hamamatsu-szo.ed.jp/kitahamatobu-j/

静岡県にある公立中学校となっています。

Fumiyaさんの出身は静岡県浜松市なので、地元の中学校に通っていたようですね。

 

出身高校は浜松商業高校

Fumiyaさんの出身高校は、浜松商業高校です。

浜松商業高校の基本情報としては、下記の通りです。

学校 浜松商業高校(はままつしょうぎょうこうこう)
偏差値 50
住所 静岡県浜松市中区文丘町4番11号
ホームページ http://www.edu.pref.shizuoka.jp/hamamatsu-ch/home.nsf/IndexFormView?OpenView

偏差値は「50」となっており、全国の平均と同等となっています。

学科としては情報処理科と商業科が設置されていますが、Fumiyaさんの出身学科は不明です。

 

ちなみに、浜松商業高校にはプロ野球選手や陸上オリンピック選手など、幅広いスポーツ選手が卒業しています。

また、元アイドリング!!!の河村唯さんなどの有名人もいます。

 

出身専門学校は東京YMCA国際ホテル専門学校?

Fumiyaさんの出身専門学校については、確かな情報がありませんでした。

しかし、高校を卒業後に上京し、ホテル系の専門学校へ入学したという情報はありました。

 

そこで、東京のホテル系専門学校を調べたところ、東京YMCA国際ホテル専門学校を卒業している可能性が高いと分かりました。

東京YMCA国際ホテル専門学校の基本情報としては、下記の通りです。

学校 東京YMCA国際ホテル専門学校(とうきょうわいえむえーしーこくさいほてるせんもんがっこう)
住所 東京都新宿区西早稲田二丁目18番12号
ホームページ https://hotel.ymsch.jp/

ホテルに関する専門知識を学べる学校で、設置学科はホテル科とホテル旅館経営学科の2つです。

 

ちなみに、卒業生には築地銀だこの社長や、株式会社サンレーの社長など、実業家が多くいます。

ホテル業務とは関係のない実業家が多いですが、幅広い業種で卒業生が活躍しています。

 

Fumiya(フミヤ)の経歴は?

Fumiyaさんは専門学校を卒業後、どのような経歴を辿ったのでしょうか?

年数ごとに経歴を見ていきましょう。

 

2017年にフィリピンへ語学留学

Fumiyaさんは2017年にフィリピンへ語学留学しますが、そのときにYouTubeを始めます。

YouTubeを始めたきっかけとしては、フィリピンのリアルを伝えながら、家族や友人に自分の無事を伝えるためだそうです。

それが今や、チャンネル登録者数217万人の人気チャンネルになるとは、思ってもみなかったでしょう。

 

また、元々YouTubeチャンネルは日本人向けの内容でしたが、アヒルの卵が食べた動画がフィリピンで反響を呼び、フィリピン人向けの発信に変わったようです。

その後、フィリピンの文化に触れていく動画も人気を博し、ヒット曲を歌った動画はFacebookで1000万回再生されました。

 

2018年に帰国

Fumiyaさんは2018年に留学を終え、日本に帰国します。

日本にいる間もフィリピン人向けの動画をアップし続け、チャンネル登録者数は開設から1年で10万人を達成しました。

フィリピンでの人気もあり、オフ会も開催していたそうですが、最初のオフ会参加者はわずか2人だったそう。

現在は成功しているFumiyaさんも、過去には辛い経験があったようですね。

 

また、5月にはフィリピンの中でも最大規模にあたるテレビ局ABS-CBNの「スターハント」というオーディションに応募します。

大人気番組ということもあり、フィリピン人だけでなく、世界中から10万人もの人が応募するそうです。

 

2019年オーディションに勝ち残る

Fumiyaさんは「スターハント」のオーディションに勝ち残り、「Pinoy Big Brother(ピノイビッグブラザー)」へ出演を果たします。

当時は番組史上初の純日本人ということもあり、大きな反響を呼びました。

「Pinoy Big Brother(ピノイビッグブラザー)」の番組内容としては、サバイバル生活を勝ち抜くものとなっています。

その中で、Fumiyaさんは最後まで生き残った4人に入り、フィリピンの国民的人気者となります。

 

また、「Pinoy Big Brother(ピノイビッグブラザー)」へ出演中に、チャンネル登録者数が100万人を突破しました。

その後は、レギュラー番組を数多く持ち、ドラマや映画にも出演するスターにまで上り詰めます。

 

2020年に浜松の地域復興に貢献

Fumiyaさんは地元の浜松市に、「FumiShun Base Hamamatsu」という自身のミュージアムをオープンします。

オープンの目的には、浜松市の地域復興もあるようです。

その結果、オープン当日には国内外のファンが300人以上も駆けつける賑わいを見せました。

 

他にも、プロバスケットボールBリーグの「三遠ネオフェニックス」のSNSアンバサダーを務めたり、自身の香水ブランドも立ち上げています。

活躍の場はさらに広がっていますね。

 

Fumiya(フミヤ)の本名は?プロフィール情報

Fumiyaのプロフィール

  • 芸名:Fumiya(フミヤ)
  • 本名:三海 郁弥(さんかい ふみや)
  • 生年月日:1995年3月19日
  • 年齢:25歳(2021年1月現在)
  • 出身:静岡県浜松市
  • 職業:YouTuber、タレント、SNSクリエイター
  • 身長:170cm
  • 公式サイト:FumiShun Base

Fumiyaさんの本名は公開されており、三海郁弥さんと言います。

年齢はマツコ会議放送時は25歳と、非常に若いですね。

しかし、職業はYouTuberやタレントと幅広く、年収も軽く1000万円は超えているのではないでしょうか。

 

Fumiya(フミヤ)が運用しているSNSは?

日本とフィリピンに向けて発信しているFumiyaさんですが、どのSNSを運用しているのでしょうか?

運用SNSとしては、下記の通りです。

SNS URL
Twitter @fumfumfum3
Instagram 23shun_base
Facebook Fumiya Sankai
TikTok fumiyanotiktok
YouTube Fumiya / FumiShun Base

非常に幅広くSNSを運用しておられるのが分かりますね。

どのSNSもFumiyaさんの生活感溢れる写真や動画を閲覧できます。

興味のある方は、一度チェックしてみてくださいね。

 

 

Fumiya(フミヤ)のまとめ

マツコ会議に出演するFumiyaさんについて、プロフィールをご紹介しました。

学歴としては特別であるわけではなく、人生の転機となったのはフィリピンでの語学留学のようでした。

そこからテレビだけでなく、YouTubeなど非常に幅広く活躍しておられ、今はフィリピンで最も有名な日本人となっています。

日本での知名度ももちろんありますが、今回のマツコ会議への出演で、さらに活躍の場は広がるでしょう。

 

なお、過去に放送されたマツコ会議をもう一度視聴したい、もしくは見逃した方は、Huluで視聴可能です。

今なら2週間無料で視聴できるので、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

Huluの無料お試し申し込みはこちら

2021年1月16日時点の情報です。

最新情報はHulu公式サイトでご確認ください。

 

-人物

© 2021 HARACHAN BLOG